« 会話で大切なのは、結論ではない | トップページ | アメリカン・ハングリー精神(デニー友利さん) »

2010年5月22日 (土)

横浜が弱かった一因と、東尾監督の妙(デニー友利さん)

baseball元プロ野球選手、デニー友利さんは、1967年沖縄県出身で、

  • 1986年 ドラフト1位横浜大洋ホエールズに入団、
  • 1995年 初めて勝利投手に(プロ9年目
  • 1997年 西武ライオンズにトレード移籍、セットアッパー(中継ぎ投手)で活躍
  • 2003年 横浜ベイスターズにトレード移籍
  • 2005年 ボストンレッドソックスにトライアウトで入団(マイナー契約
  • 2006年 中日ドラゴンズに入団
  • 2007年 現役引退
  • 2008年 ボストンレッドソックスにて、国際担当顧問兼巡回コーチに就任
  • 2010年 野球解説者に

という、様々な経験をされています。
その経験で感じたことを語られた中に、気づきを与えられた内容がいろいろありましたので、数回に分けてご紹介したいと思います。

まず、横浜大洋ホエールズに入団した頃のお話から。

いろんなチームに行きましたけれど、弱いチームなんですね、当時の横浜は。
やっぱ、弱いチームには弱いチームなりの理由があるなって思いますよね。

細かいんですよね。野球を難しく考えていくっていうことがどうしても浸透していて。
勝たなきゃいけないっていう宿命がどうしてもあるじゃないですか、プロ野球は。
ただ、細かく違う方向に掘り下げていくので、どんどんどんどん野球が複雑になっていくんですよ。
シンプルに「抑えていかなきゃいけない」っていうふうに、ピッチャーだったら投げなきゃいけないんですけど、
「あそこに投げなきゃいけない、こっちに投げなきゃいけない」っていう、どんどん負の状態に持っていく教えばっかりでしたね。

”若手が育たない”ってずっと言われていたんですよね。
教えの中に、「10球構えたところに、8球は来ないと、1軍じゃ使えないよ」っていうふうに教えられるんですよね。
しかし実際、そんなの機械じゃない限りムリなんですよ。
そういうふうに窮屈な教え方をどんどんしていったのが、横浜の当時の2軍の教えですよね。

とりあえず僕は、このチームの教えには、「できないものはできない」って意見をずーっと言っていたんで、けむたがられて、絶対に1軍の方には呼ばれないっていう悪循環でしたね(笑)。

西武に移籍してから変わったのは、一番は出会いなんですけど、東尾監督と、森ピッチングコーチです。
僕は「ストライクがとにかく入らない投手」って言われていたんで、10球構えたら8球は行かなきゃいけないんだって当時はずっと思っていたんです。
でも東尾監督は、「そんなコントロールなんかあるんだったら、全員が沢村賞獲るわい」って言われて。
「ストライクゾーンに、とにかく腕を振って投げてくれ」と。
サイドスローだったんですけど、横からでも152~3キロのスピードが出ていたんで、「横からのスピードでそれぐらいのボールが投げられるのに、142キロでストライクゾーンの隅っこを狙うようなピッチャーは要らないから、オレが責任を持つから、どんどん投げていけ」って言われて豹変しましたね。
「こんな楽に考えていいんだ」って。
「オレが責任持つから、5試合好きに投げていいぞ」って言われたんですよ。

だから、「単純なピッチャーには、単純に教えた方がいい」っていう考えで、頭の良い奴には、理詰めでいくんですよね、東尾監督は。
だから人によって、だいぶ使い方を変えていたんじゃないかなと思いますけど。

なるほどです。flair
基本に忠実であることはいいことだと思いますが、細かく難しく窮屈に教えるというようになっては、逆効果になりかねませんね。sweat01
区別できるようにしたいと思います。

|

« 会話で大切なのは、結論ではない | トップページ | アメリカン・ハングリー精神(デニー友利さん) »

ビジネスのヒント」カテゴリの記事

自分磨きのヒント」カテゴリの記事

コメント

初めてお邪魔しました。デニーさんとお知合いなんですか?

投稿: | 2011年10月13日 (木) 23時14分

コメントありがとうございました。
落合ドラゴンズ、強いですねsign03

実はこの内容は、ラジオの対談でおっしゃていたことを文字にしました。

厳密に考えると、「そういうことをしてよいのか?」という懸念はありますが…coldsweats01
内容の正確さについては、録音して文字化していますので、その点は信頼いただきたいと思います。

投稿: 秀 | 2011年11月14日 (月) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1163141/34825614

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜が弱かった一因と、東尾監督の妙(デニー友利さん):

« 会話で大切なのは、結論ではない | トップページ | アメリカン・ハングリー精神(デニー友利さん) »